By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Print Page

Japan Security Products and Services (Japanese Version)

インターネット利用が進む中、標的型サイバー攻撃や情報漏洩による被害が社会に深刻な影響を与えており、情報セキュリティ、コンプライアンス強化は喫緊の課題です。IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Security Products and Services (Japanese Version)」 では、セキュリティを実現する製品(ハードウェアおよびソフトウェア)およびサービス市場全体を調査対象とし、主に企業のセキュリティ対策動向に焦点をあてて調査/分析、予測を行います。また製品を目的別に分類し、詳細な市場、ベンダー動向/予測や技術的な将来の方向性についても情報を提供します。2019年は、データ保護/ガバナンス市場について調査を強化しています。


Markets and Subjects Analyzed

  • セキュリティソフトウェア
  • セキュリティハードウェア
  • セキュリティサービス

Core Research

  • 国内情報セキュリティ市場予測
  • 国内情報セキュリティ市場 競合分析
  • 国内サイバーセキュリティ市場動向
  • 国内モバイル/クラウドセキュリティ市場動向
  • 国内IoTセキュリティ市場動向
  • 国内情報セキュリティ市場 企業ユーザー動向調査:セキュリティ対策投資動向
  • 国内データ保護/ガバナンス市場動向
  • 国内セキュリティサービス市場動向
  • IDC FutureScape: Worldwide Security 2019 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Security Products and Services (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内企業の情報セキュリティ導入状況、また今後の導入についての方向性とベンダーに対する期待は?
  2. 国内セキュリティ市場規模と今後の予測は?
  3. セキュリティにおける重要技術と、ベンダーが用意している製品は?
  4. セキュリティソリューションの導入実態と動向および市場規模は?
  5. 国内情報セキュリティ市場での成長要因は何か?
  6. 国内情報セキュリティ市場に必要なビジネス戦略とは?

Related Links


Meet the Experts
Tsuneo Tosaka

Research Manager, Software & Security, IDC Japan