Japan Virtual Client Computing (Japanese Version)

Virtual Client Computing(VCC)は、仮想化ソフトウェア技術とエンドポイントデバイスへのデリバリーを融合させたコンピューティングモデルです。ソリューションベンダーとサービスプロバイダーは、この成長市場の重要性と機会を認識しており、市場、技術、およびエンドユーザの傾向を見ています。IDC Japan 年間情報提供サービス「Japan Virtual Client Computing (Japanese Version)」は、IT サプライヤーが戦略上重要な判断を下せるように必要な情報を提供します。2022年は、IDCが開発したフレームワークMarketGlanceをベースに、VCCの市場動向およびベンダーポジショニングについて考察します。


Markets and Subjects Analyzed

  • シンクライアント出荷台数ベースベンダーシェア、シンクライアント方式別シェア、OS 別シェア
  • クライアント仮想化ソフトウェア ライセンスベースベンダーシェア、市場規模
  • クライアント仮想化ソリューション/DaaS 金額ベース市場規模
  • クライアント仮想化ユーザー数予測
  • クライアント仮想化ソフトウェア ライセンスベース市場規模予測
  • クライアント仮想化ソリューション/DaaS 金額ベース市場予測

Core Research

  • 国内クライアント仮想化市場 実績
  • 国内クライアント仮想化市場 予測
  • 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査
  • IDC MarketGlance
  • 国内クライアント仮想化市場:ソリューション/ ユースケース分析

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Virtual Client Computing (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. COVID-19における市場の変化と今後の予測シナリオは?
  2. ネクストノーマル時代におけるクライアント仮想化の新たな役割は?
  3. 在宅勤務/在宅学習、リモートワーク、BYODは、クライアント仮想化市場を牽引する促進要因のひとつになりうるのか?
  4. デジタルワークスペースは新たなキーテクノロジーになるのか?
  5. 国内クライアント仮想化市場における成功要因は?
  6. 産業分野別で最もシェアの高い業種および導入の進む分野は?
  7. オンプレミスと仮想デスクトップサービス(DaaS)の割合は、今後どのように変化していくのか?またベンダー別成功要因は?
  8. 国内クライアント仮想市場でのユースケースは、今後どのように拡大していくのか?

Related Links


Meet the Experts
Hiroshi Shibutani

Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan