Factsheet (Doc #IDC_P36746 / Jul 26, 2019)
Japan Workstyle Transformation (Japanese Version)

安倍内閣が働き方改革を断行することを表明し、時間外労働の削減、労働生産性の向上、柔軟な働き方の実現などを目標に据えて4年が経過しました。IDCが実施したアンケート調査では、国内の大企業(従業員数1,000人以上)の78%が、また中堅企業(従業員数100~999人)の54%が2018年に働き方改革を実施しています。改革を実行している企業が目的として挙げる項目のトップは時間外労働の削減であり、必ずしもIT投資にはつながっていません。一方で、別のIDCのアンケート調査を見ると、米国では従業員数10人以上の企業の87%が働き方の未来を目指したジャーニーを開始し、アンケート調査の対象企業の33%は働き方の未来の取り組みが全社横断的に実施され、IT投資が戦略的に進んでいます。「働き方の未来(海外ではfuture of work: FoWと称す)」とはIDCが提唱するフレームワークであり、次のように定義付けられます。働くということを根本的に変えるコンセプトであり、働き方、スキル、さらには企業文化をも変革し、時間や物理的な場所に拘束されないダイナミックな労働環境を支援し、従業員に権限を与え、人とマシーンの協働を促進することです。IDCは、日本においてもITサプライヤーは、顧客に対して現在の働き方改革からの離陸を促し、労働生産性やコレボレーションを改善し、従業員への権限の委譲を進めるために「働き方の未来」を目指すべきであると考えます。2020年のJapan Workstyle Transformation (Japanese Version)は、「働き方の未来」のフレームワークを参照すると共に、テクノロジーがワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースをどのように変革するかを分析し、ITサプライヤーが顧客のビジネス領域におきて変革に対するニーズに応えるために必要な製品ポートフォリオやGo-Toマーケット戦略と施策の策定を支援します。

Markets and Subjects Analyzed

  • IDCの働き方の未来のフレームワーク:ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォース
  • 働き方の未来の3領域(ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォース)に関する施策の分析
  • 働き方の未来の実現に必要なテクノロジー
  • 働き方の未来関連のテクノロジーを提供するベンダー

Core Research

  • IDC FutureScape: Worldwide FoW 2020 Predictions - Japan Implications
  • IDC MaturityScape Benchmark: 国内 働き方の未来
  • IDC Survey:働き方の未来に関する国内と海外のユーザー企業の戦略と施策
  • IDC Market Glance: Japan FoW
  • 国内ユーザー企業の働き方の未来に関する最新動向分析
  • 国内働き方改革ICT市場の予測:ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス/ビジネスサービス、通信サービス別

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Workstyle Transformation (Japanese Version).

Key Questions Answered

  1. 国内の働き方改革とIDCが提唱する働き方の未来の違いは何か。
  2. なぜ国内企業は働き方の未来を目指すべきなのか。
  3. 働き方の未来を実現するために必要なテクノロジーやイノベーションは何か。
  4. 国内と海外のユーザー企業の働き方の未来関連の最新の動向はどうなっているか。
  5. ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースの3領域におけるITサプライヤーにとってのビジネス機会と脅威は何か。
 
Back to Top Copyright 2020 IDC. Reproduction is forbidden unless authorized. All rights reserved.