By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version)

企業や通信事業者のデジタルトランスフォーメーション実現に必要なネットワークインフラの進化において、ネットワーク仮想化は重要な役割を果たします。IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version)」では、SDN(Software-Defined Network)やNFV(Network Functions Virtualization)を始めとするネットワーク仮想化技術とその市場に関する、詳細な市場分析、予測、競合状況などを提供します。2019年は、ベンダーシェアの対象範囲を拡張し、より包括的なネットワーク仮想化市場のベンダー動向分析を強化しています。

Markets and Subjects Analyzed

  • SDN(Software-Defined Network)
  • NFV(Network Functions Virtualization)
  • Network Disaggregation

Core Research

  • 国内SDN、NFV市場 予測
  • 国内SDN、仮想化インフラストラクチャ市場 シェア
  • 国内ネットワーク仮想化市場 ベンダー動向
  • 国内ネットワーク仮想化市場 ユーザー調査
  • Japan Network Virtualization 2019 Top 10 Predictions

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Network Virtualization Strategies (Japanese Version).

Key Questions Answered

  1. SDNおよびNFV市場でどのベンダーが優位に立っているのか?
  2. ユーザーのSDNやNFVに対する需要性はあるのか?
  3. 実際にSDN技術を導入した企業は、どのような効果を上げているのか?
  4. 仮想ルーターやNetwork Disaggregationは、国内で普及する可能性はあるのか?また、どのようなベンダーに市場機会があるのか?
Print Web Page

Related Links

Meet the Experts

Kenichi Kusano Group Manager, Communications, IDC Japan