By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Augmented and Virtual Reality (Japanese Version)

2016年以降急速な拡大を続けるVR(仮想現実)市場は、コンテンツも含めたエコシステムも成長軌道に乗っており、今後の急速な市場拡大が期待されます。また、AR(拡張現実)市場もビジネス利用を中心に着実な成長を続け、技術的なブレークスルーが今後の市場の爆発的拡大をもたらすものと見込まれます。視覚による情報行動のあり方を大きく変えるこれらのテクノロジーは、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて価値を創出し、競争優位を確立するデジタルトランスフォーメーション(DX)においても大きな役割を果たすと考えられます。IDC Japan 年間情報提供サービス「Japan Augmented and Virtual Reality (Japanese Version)」では、混合現実(MR)を含めたARやVRに関する国内市場の調査を行い、豊かな知見を備えたアナリストによる深い洞察に基づいた市場予測、ユーザー動向、利用動向分析、今後の技術的展望などの調査レポートを提供します。

Markets and Subjects Analyzed

  • 国内AR/VRヘッドセット市場シェア
  • 国内AR/VR関連市場支出予測
  • AR/VR関連技術動向
  • 国内AR/VR市場 企業ユーザー動向

Core Research

  • 国内AR/VRヘッドセット市場シェア、2017年: タイプ別
  • 国内AR/VR関連市場予測、2018年~2022年
  • HIDなどのAR/VR関連技術動向、2018~2025年
  • 2017年 国内AR/VR市場 企業ユーザー調査

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Augmented and Virtual Reality (Japanese Version).

Key Questions Answered

  1. 日本と世界ではAR/VRの採用にどのような違いがあるか?
  2. AR/VRヘッドセットは今後どのタイプが市場のイニシアチブを握るか?
  3. AR/VR市場ではどのような使用事例(ユースケース)が有望と見られるか?
  4. ヘッドマウントディスプレイ以外では、どのようなデバイスが今後登場すると考えられるか?
  5. どのような業種・分野の企業ユーザーがビジネスでAR/VRを採用しようと考えているか?またその進展状況は?
  6. AR/VRコンテンツ制作事業者が抱える課題は?
Print Web Page

Related Links

Meet the Experts

Akira Sugawara Senior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan