Japan Multicloud Data Management and Protection (Japanese Version)

IDC Japanの「Japan Multicloud Data Management and Protection (Japanese Version)」では、IT環境がマルチクラウド/ハイブリッドクラウドへと移行していく中で、複雑化するデータ運用管理の実態や課題がどのように変化し、それによって市場動向にいかる影響を与えるかを分析し、調査レポートを提供します。年間を通じて発行される調査報告書はすべて、マルチクラウドの時代にデータサービス市場で成功を収めるためのビジネス戦略策定、プロダクトマネージメントや開発計画、マーケティング、販促活動などに貢献できるよう企画されています。2022年はCOVID-19からの回復期の中でネクストノーマルに向けたデータ運用管理がどう変化するのか、技術進化や法規制の変化がデータ運用にどう影響するかといった点に焦点を当て、データサービスの各分野(データ保護、データセキュリティ、データ統合、データロケーション最適化)の需要動向、市場傾向の調査を強化しています。


Markets and Subjects Analyzed

  • データサービス市場におけるマルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューション
  • データサービス市場におけるマルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューションの主要ベンダービジネス戦略
  • ユーザーセグメント別マルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューションの需要動向
  • サブセグメント市場(データ保護/災害対策、データ統合/オーケストレーション、データロケーション最適化)のビジネス傾向

Core Research

  • 国内データサービス市場予測
  • 国内エンタープライズストレージ保有容量予測
  • 国内マルチクラウドデータ管理市場 マーケット構造とベンダー分析
  • 国内マルチクラウドのデータ運用実態/成熟度と課題
  • マルチクラウドのデータ運用の実態と課題
  • 国内クラウドデータ保護の現況と方向性
  • IDC FutureScape: Worldwide Future of Digital Infrastructure 2022 Predictions-Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Multicloud Data Management and Protection (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内データサービス市場におけるマルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューションの主要なプレイヤーは誰か?差別化要因は何か?
  2. ユーザー企業がマルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューションを選択する基準は何か?
  3. 既存ベンダーと新興ベンダーが見出すべきビジネス機会とは?
  4. 国内マルチクラウドデータ管理市場の促進/阻害要因は何か?
  5. 新テクノロジー(AI/機械学習、ブロックチェーン、秘密計算など)の普及がマルチクラウドデータ管理/データ保護ソリューションにどのような影響を与えるか?

Related Links


Meet the Experts
Masaaki Moriyama

Group Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Yasusuke Suzuki

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan