Japan Edge Strategies (Japanese Version)

IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Edge Strategies (Japanese Version)」は、ユーザーのエッジコンピューティングを実現するITインフラの市場分析、市場予測などを報告します。2022年より、調査対象を、以前のIoTエッジインフラから、エッジコンピューティングに資するITインフラ(エッジインフラ)全体に拡大します。

本製品では、IDCのEdge Infrastructure定義に基づき、国内エッジインフラ市場を、テクノロジー別*1およびドメイン別*2のサブセグメントに分けて市場規模を算出し市場予測を行います。当該サービスは、IDCが有する国内エンタープライズ市場における市場調査の知見、既存の市場データに加え、国内におけるエッジインフラベンダー、エッジインフラユーザーへの直接取材および動向調査などに基づき、国内エッジインフラ市場の市場予測や市場動向の調査レポートを提供します。年間を通じて発行される調査報告書は、すべて、同市場で成功を収めるためのビジネス戦略策定、製品戦略策定、マーケティング、販促活動などにお役立て頂けます。

*1:テクノロジー別:Heavy Edge (Sever、Storage)、Light Edge (Gateways)、Network Equipment(予定)

*2:ドメイン別:IoT、Robotics、Drones、AR/VR、AI(予定)


Markets and Subjects Analyzed

  • 国内エッジインフラ市場
  • 国内エッジインフラ テクノロジー別市場: Heavy Edge (Sever, Storage), Light Edge (Gateways), Network Equipment.
  • 国内エッジインフラ ドメイン別市場: IoT, Robotics, Drones, AR/VR, AI
  • 国内エッジインフラユーザーにおけるエッジインフラ利用動向およびベンダー選定基準
  • 国内エッジインフラ市場における主要エッジインフラベンダーの競合分析

Core Research

  • 国内エッジインフラ市場予測
  • 国内エッジインフラ市場テクノロジー別市場予測
  • 国内エッジインフラ市場ドメイン別市場予測
  • 国内エッジインフラユーザーにおけるエッジインフラ利用動向およびベンダー選定基準調査(アンケート調査)
  • 国内エッジインフラ市場 における主要エッジインフラベンダーの製品戦略と技術動向
  • 国内エッジインフラユーザーにおける先進事例
  • IDC FutureScape: Worldwide Future of Digital Infrastructure 2022 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Edge Strategies (Japanese Version).


Key Questions Answered

  1. 国内エッジインフラ市場の市場規模、市場予測は?同市場における主要ベンダーは?同市場における主流のエッジ製品は?
  2. 国内のエッジインフラユーザーにおける、ベンダー選定基準は何か?
  3. 国内エッジインフラ市場において、ベンダーが注目すべき技術動向は?
  4. 国内エッジインフラ市場では、どのようなタイプのベンダーが台頭してきているか?同市場におけるビジネスの成功要因は何か?
  5. 先進的なユーザーは、どの様に エッジインフラを導入し、利用しているか?

Related Links


Meet the Experts
Masayuki Shimokawabe

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Satoshi Fukutomi

Group Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Shinya Kato

Senior Market Analyst, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Yukihisa Hode

Research Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan