By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Japan Communications Networks (Japanese Version)

通信事業者、企業ユーザー共に、ネットワークの大規模化、複雑化によって、信頼性、セキュリティ、管理の容易性、柔軟性といった面で高いレベルが求められるようになっています。IDC Japan年間情報提供サービス「Japan Communications Networks (Japanese Version)」では、ベンダー、販売チャネル、ユーザーの3 つの切り口から国内ネットワーク機器市場の動向を詳細に分析し、各製品分野について、キートレンド、競合分析、市場動向と将来展望を提供します。2019年は、IoT(Internet of Things)の進展と共に関心を集めている産業用ネットワーク機器市場に関する調査を強化しています。

Markets and Subjects Analyzed

  • ルーター
  • イーサネットスイッチ
  • アプリケーションデリバリーコントローラー
  • 無線LAN
  • 産業用ネットワーク機器

Core Research

  • 国内企業向けネットワーク機器市場 予測とシェア
  • 国内CSP向けネットワーク機器市場 予測とシェア
  • 国内データセンターネットワーク機器市場 予測とシェア
  • 国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー調査
  • 国内産業用ネットワーク機器市場 予測とシェア
  • IDC FutureScape: Worldwide Telecommunications 2019 Predictions - Japan Implications

上記リサーチは市場環境などの変化に応じて変更される可能性があります。発行レポートをご覧になりたい場合は以下Webサイトをご参照ください。: Japan Communications Networks (Japanese Version).

Key Questions Answered

  1. 企業ネットワークインフラが克服すべき課題は何か?
  2. アプリケーションネットワーキング分野で競合ベンダーにどのようにして打ち勝っていくのか?
  3. 企業ユーザーが求めるネットワークインフラとは何か?またどのような視点からネットワーク機器を選択しているのか?
  4. 成熟化が進む市場でネットワーク機器ベンダーが勝ち残るためのポイントは何か?
Print Web Page

Related Links

Meet the Experts

Kenichi Kusano Group Manager, Communications, IDC Japan