By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jun 2015 - Industry Development and Models - Doc # J15440153

IDC MaturityScape:ソーシャルビジネス

Authors: Vanessa Thompson, Michael Fauscette, Lisa Rowan, Christine Dover
Abstract

The content of this document was written in Japanese

本調査レポートは、「IDC MaturityScape:ソーシャルビジネス」について、企業におけるソーシャルビジネス戦略やソーシャルビジネスワークフローの優位性を効果的に策定するために必要な成熟段階の定義、評価項目、成果および必要なアクションについて記載している。

「ソーシャル技術の受容レベルは、過去数年で飛躍的に高まった。ソーシャルビジネス戦略を検討する方法は非常に速く変化している。この変化はクラウド、モバイル、ビッグデータなどの市場トレンドの変化と共に到来している。ソーシャルビジネスは、従業員、顧客、パートナー、サプライヤーの将来考え得るニーズを満たすための、新たなコミュニケーション/コラボレーションを拡張できる方法である」とIDC エンタープライズソーシャルネットワーク/テクノロジーのリサーチディレクターであるVanessa Thompsonは述べている。

本調査レポートは、『IDC MaturityScape: Social Business(IDC #248527、2014年5月発行)』の日本語翻訳版である。

Coverage
Subscriptions Covered

Japan Enterprise Applications and Solutions (Japanese Version) , Japan Unified Communications, Collaboration and CRM Applications (Japanese Version)

Regions Covered

Japan

Topics Covered

Analytic applications, Collaborative applications, Customer relationship management applications, Enterprise social software, Social networking, Unified communications and collaboration

Referencing Documents
Related Links