By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jan 2016 - IDC FutureScape - Doc # JPJ40601715

IDC FutureScape:世界と国内のセキュリティ市場 2016 Predictions

Author: Tsuneo Tosaka Research Manager, Software & Security, IDC Japan
Abstract

この調査レポートは、テクノロジー担当経営幹部向けに、サイバーセキュリティ戦略に影響を及ぼすキードライバー(要因)を解説するものである。リスクを効果的に軽減し、現在と今後のビジネス価値向上に注力するためのテクノロジーやサービスに対してリソースを配分するために、セキュリティ技術や規制コンプライアンス、アーキテクチャの変化を予測したものである。

IDC FutureScapeフレームワークの重要な側面は、企業戦略を形成するキードライバー(政治、経済、社会、技術、環境、法律、ビジネス)に注目している点である。本調査レポートでは、ITアーキテクチャを構築し、情報セキュリティ対策の最新化を促す、外部的な力の影響を考慮している。そして、重要な変化に適応できる柔軟性を備えた実用的な指針により、セキュリティの計画立案プロセスを支援するものである。

「情報セキュリティ投資は、単にグローバルなセキュリティトレンドに対応するだけでなく、リスク管理に基づいた意思決定アプローチに対応し、企業が成長機会を獲得することを可能にするものでなければならない」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫は述べている。

Coverage
Referencing Documents
Related Links