By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jun 2016 - Market Forecast - Doc # JPJ40603416

国内中堅中小企業IT市場 年商規模別予測、 2016年~2020年

Author: Hitoshi Ichimura
Research Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは年商規模別におけるIT支出動向と予測を行う。年商規模は2014年度(会計年)の売上額規模から100億円未満、100億円~300億円未満、300億円~1,000億円未満、1,000億円以上の4区分とする。2016年3月までのベンダー調査による製品情報、最新の経済状況を考慮して、国内営利企業向けIT市場の2015年における実績値、および2016年~2020年の市場規模予測を年商規模別、製品別、産業分野別に行っている。2016年の国内営利企業向けIT市場の成長率はほぼ横ばいとなるが、年商規模300億円未満の企業ではマイナス成長となり、2017年以降もPCの更新需要があるが、その他の製品分野では比較的低い成長率に留まる。「ITサプライヤーは、既存の企業へのサポートに加えて、「第3のプラットフォーム」(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)ソリューションを活用したスタートアップ企業に対する支援が市場拡大には求められる」とIDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである市村 仁は述べている。

Coverage

Referencing Documents

Related Links