By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jan 2017 - Top 10 Predictions - Doc # JPJ41772816

Japan Enterprise Applications 2017 Top 10 Predictions

Author: Yoko Motai Senior Market Analyst, Software & Security, IDC Japan
Abstract

本調査レポートでは、2017年の国内EAソフトウェア市場に影響を与えると考えられる10項目(Predictions)を挙げ、IDCによる市場展望を提供する。2016年上半期は、2017年に予定されていた消費税増税と軽減財政の先送り、ライセンス提供のサブスクリプション化などが市場成長を抑制した。しかし、2017年の国内EAソフトウェア市場は、第3のプラットフォームの活用と共に、各種のEAソフトウェアにコグニティブ/AIシステムやデータの分散処理など、新たな技術を伴って、次世代のデータ活用に向けた動向が活発化する。

「他国に先駆け超高齢社会となった日本では、人材活用と高齢者向け医療サービスなど、生産性向上ソリューションと新分野における中長期の経済成長に期待が寄せられている。2017年は国内企業の実態に根差したタレントマネジメントや、IoT、コグニティブ/AIシステム、ロボティクスと、製造データを組み合わせた事業利用の模索が本格化する。EAデータの活用は、競争力の強化と社内システムの最適化から、外部との連携による新たなビジネス拡大へ、その歩みを進め、クラウドを基盤としたソリューションの導入が活性化する」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのマーケットアナリストである もたい洋子は述べている。

Coverage
Referencing Documents
Related Links