By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jul 2017 - Market Forecast - Doc # JPJ41779117

国内SMB IT市場 年商規模別予測、2017年~2021年

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは年商規模別におけるIT支出動向と予測を行う。年商規模は2015年度(会計年)の売上額規模から100億円未満、100億円~300億円未満、300億円~1,000億円未満、1,000億円以上の4区分とする。2017年3月までのベンダー調査による製品情報、最新の経済状況を考慮して、国内営利企業向けIT市場の2016年における実績値、および2017年~2021年の市場規模予測を年商規模別、製品別、産業分野別に行っている。SMBが多く含まれる年商規模300億円未満の企業では2019年まではプラス成長を予測しているが、既存システム刷新が中心のため、中長期的にハードウェアの低価格化、クラウドへのシフトなどの影響を受け、市場全体が伸び悩むことが予測される。

「ITサプライヤーは、中長期的な市場拡大のためには新分野拡大が必須であるユーザー企業に対して、自社の経営課題の解決に直結するソリューションを積極的に提案することが求められる」とIDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである市村 仁は述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Small and Medium Business Markets (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Small and Medium Business Markets (Japanese Version)


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Global IT and economic markets, Small and medium-sized business


Content


Related Links