By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER May 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ42848618

国内コネクテッドビークルソフトウェア市場予測、2018年~2022年

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

IDCはコネクテッドビークルを、ソフトウェア、ハードウェア、コネクティビティを包含するものとして定義しているが、本調査レポートでは、国内コネクテッドビークルソフトウェア市場について、支出額ベースでの2017年の見込みと2018年~2022年の予測を提供する。IDC Japanコミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康は、「自動車OEMはモビリティサービスプラットフォーマー企業へのシフトを図り、さまざまなサービス事業者を巻き込んだデータ駆動型サービスを展開する。自動車OEMやサービス事業者は、サービスの付加価値化、差別化のために、データ管理/解析ソフトウェアを始め、データの種類や量の増大に対応するITインフラストラクチャ関連ソフトウェア、有用なインサイトを生み出すためのコグニティブ/AIシステム、セキュリティソフトウェアに対する支出を拡大する」と述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version)


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Cognitive/artificial intelligence, Connected vehicle, Enterprise mobility, Operations and manufacturing applications


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us