By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Oct 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ42848818

2018年 国内コネクテッドビークル市場動向(事業者ユーザー市場編):事業者向けサービスの事業機会の潜在領域

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、事業者ユーザーが車の所有者となる場合のコネクテッドビークル関連サービスやソリューションに関わるITサプライヤーの事業機会の潜在領域を考察したものである。

業務用コネクテッドビークル関連サービスとして、運輸や建設/土木など、事業の性質と車両の機能性との関係が密接である産業分野に向けた「産業特化型」サービスや、事業者ユーザーにとっての顧客の利便性向上やコスト抑制を実現する「社外用途」ソリューション領域において事業機会の潜在性が大きいとIDCはみている。IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康は、「ITサプライヤーは「産業特化型」や「社外用途」のサービスを見据えて、特定産業/業種の現場の事情に通じる企業とのアプリケーション共同開発体制の整備や、自動運転車の事業活用における新しいユースケース開発のためのPOCの実施など、これらの領域における技術提案に備えた取り組みに早い段階で着手すべきである」と述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version) , Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version with Key English Language Reports)


Companies Covered

NTT Communications Corporation, Toyota Motor Corporation, Bisbase ApS, SmartDrive Systems, Inc., Unisys Corporation, Fujitsu Limited, Hitachi, Ltd., KDDI Corporation, NEC Corporation, NTT DoCoMo, Inc., Akasakatec Inc.


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Cognitive/artificial intelligence, Connected vehicle, Customer relationship management applications


Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us