By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ42857418

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測、2018年~2022年

By: Takuya UemuraGroup Manager, IT Services, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは第3のプラットフォーム向けITサービス市場の2017年の実績と、2018年~2022年の市場予測を4つの主要技術分野別(クラウド向け、ビジネスアナリティクス(BA)向け、エンタープライズモビリティ向け、ソーシャルビジネス向け)にまとめたものである。国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場は、クラウド向けITサービスを中心として、支出額の絶対的規模の拡大にもかかわらず高成長率を維持し2022年までに国内ITサービス市場における基本的、不可欠なサービスとしての地位を確立するとIDCでは予測している。従来型のITサービスから第3のプラットフォーム向けITサービスへの事業シフトは、すべてのITサービスベンダーにとって必須課題である。

IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである植村 卓弥は、「第3のプラットフォーム向けサービスにおいても、いわゆる「Lift & Shift」など第3のプラットフォームへの対応を支援するサービスと、第3のプラットフォームやイノベーションアクセラレーターを活用し、顧客のDXの実現を行うサービスとの間には顧客層や案件当たりの規模、必要とされる人材やスキルセット、収益の形態といったあらゆる面での相違があり、この事業転換には非連続的な変革が必要になる。ITサービスベンダーはこれを成し遂げるための中期的ロードマップをできる限り早期に明確化することが重要になる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us