By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Sep 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ42861518

2018年 国内SMB IT市場 ベンダーにおける第3のプラットフォームチャネルの分析

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内SMB IT市場における主要ベンダーの動向、特に第3のプラットフォーム(イノベーションアクセラレーターを含む)に関連したビジネス動向に関して調査、分析したものである。各ベンダーに対する訪問インタビューを基にした「ケーススタディ」、および2018年4月に実施した「国内SMBユーザー調査」におけるクラウドの利用動向の調査結果を基にして、主要ベンダーの国内SMB IT市場におけるクラウドなど第3のプラットフォーム提供、チャネル支援の施策の方向性を考察している。国内SMB IT市場では、2019年までPC更新需要、「消費税増税」対応などによって既存の業務システムの更新需要の拡大を予測する。しかし、2020年以降は前年までの反動もあり、ユーザー企業のIT支出が減少傾向になるとみている。したがって、「2020年以降 SMB向けビジネスにおいて、クラウドシフトによる安定的収益の確保に加えて、RPAを含むAIソリューションの積極的展開による収益拡大を図ることが重要とみている。ITサプライヤーは、販売パートナー企業に対して、従来のような営業/技術支援だけではなく、リモートでの販売/技術支援、デジタルマーケティングによるインサイドセールスの実施による効率的な支援が重要になる」とIDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである市村 仁は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us