TECH BUYER Jan 2019 - IDC TechScape - Doc # JPJ42869918

IDC TechScape: Worldwide Virtual Client Computing 2018 (Japanese)

By: Shannon KalvarResearch Manager , IT Service Management and Client Virtualization, Hiroshi ShibutaniSenior Market Analyst, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

Abstract

なお、本調査レポートは、IDC ITサービス/クライアント仮想化担当アナリストのShannon Kalvar(シャノン カルバー)と国内クライアント仮想化市場担当アナリストの渋谷 寛の共著である『IDC TechScape: Worldwide Virtual Client Computing, 2018(IDC #US44416918、2018年11月発行)』の日本語翻訳版である。

本分析レポートは、クライアント仮想化に関連する各種テクノロジーを体系的に評価するものである。本IDC TechScapeは、総合的なフレームワークに基づく評価モデルであり、テクノロジーの相互関係、および特定の市場における短期および長期的な成功要因との関連において、それぞれのテクノロジーの導入の進捗度合いを評価する。

特定のテクノロジーが、現在の業界ベストプラクティスに対しどのようなポジションにあるのか、業界に関するスナップショットをITバイヤーが一目で把握できるよう、これらのテクノロジーを「変革型」「改善型」「補強型」の3つのカテゴリーに分類している。さらにこのフレームワークでは、今後、ベストプラクティスになる可能性のあるテクノロジーと、各テクノロジーの相対的な導入成熟度を明らかにしている。個々のテクノロジーの解説では、アナリストの見解も示している。ここでは、「IDC TechScapeモメンタムマーカー」で示される、導入ステージ、導入スピード、リスクレベル、市場の注目度に基づいて各テクノロジーを評価している。

IDC ITサービス/クライアント仮想化担当のリサーチマネージャーであるShannon Kalvar(シャノン カルバー)は、「クライアント仮想化は今後5年間で、デジタルワークプレイスおよびデジタルワークスペースに統合、集約された形態へ進化していくとIDCでは予測している。この進化には、アナリティクス、コグニティブ、IoTとの深い統合が含まれる。ただし、ワークプレイス/ワークスペースの設計スキルの不足が、これらの進化を阻む要因になると考えられる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us