By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Dec 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ43352818

2018年 国内IoTネットワーキングビジネス動向分析:LPWAの普及シナリオ

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、近年IoTの広がりを後押しするものとして関心を集める低消費電力の広域ネットワーク技術であるLPWA(Low Power Wide Area)市場について、LPWAサプライヤーの動向を中心に分析し、同技術を梃子としたIoTネットワークの普及シナリオについて考察するものである。

LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoTデータを取得する上でのコスト面のハードルを下げてIoTの普及を促進する技術と期待される。しかし、国内のMNOを始めとする主要なプレイヤーのラインナップが顔を揃えたところで、普及のボトルネックとなる新たな課題も見えてきた。ほぼすべてのサプライヤーにとって、「高コストなLPWAデバイス」「不透明なLPWA事業の収益性」「高まらないIoTイニシアティブ成熟度」は、共通する課題である。IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康は、「共通する課題を解決するために、LPWAサプライヤーが有効な施策を協働して案出、実施することが、ユーザー企業を含むLPWAエコシステム全体にとっての利益になる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us