TECH SUPPLIER Sep 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ43365818

国内ストレージネットワーキングインフラ市場予測、2018年~2022年

By: Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、ストレージネットワーキングインフラの主要コンポーネントであり、エンタープライズストレージシステムのFC-SAN環境やESCON/FICON-SAN環境で利用されるファイバーチャネルスイッチの国内市場実績と予測を取り上げる。

国内ストレージ市場では、ストレージインフラの支出モデルの変化や新テクノロジーの台頭に伴い、ストレージネットワーキングインフラに対する支出も大きく変動することが予測される。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのグループディレクターである森山 正秋は、「ストレージネットワーキングインフラ市場では、オールフラッシュアレイの高成長に対応したビジネスの獲得を進めると共に、次の新しい波であるNVMe over Fabricsに対応したエコシステムを構築する重要性が増している」と分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us