TECH SUPPLIER Sep 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ43366118

国内データ保護ソリューション市場予測、2018年~2022年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan, Masaaki MoriyamaGroup Director, Enterprise Infrastructure / PCs, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内データ保護ソリューション市場の2016年、2017年の実績に基づいて2018年~2022年の予測を行っている。実績、予測共にソフトウェア、サービス、ハードウェアの観点から分析を行っている。「IoTの普及や機械学習の利用拡大などでデジタルデータの増大が加速する上に、データセントリックな経営を行う企業の増加やAPI(Application Programming Interface)による社外とのデータ連携の発達がデータ保護要件を高める要因となり、データ保護ソリューション市場の需要は堅調な見通しである。また、クラウドをデータ保護に利用するだけでなく、これからはクラウドで稼働するシステムのデータをアプリケーション障害から保護するニーズも高まるであろう」と、IDC Japanエンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us