By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43371819

IDC FutureScape: Worldwide Developer and DevOps 2019 Predictions - Japan Implications

By: Mitsuhiro IriyaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションでは、世界と国内の開発者/DevOps市場において、2019年~2024年に発生する主要な10項目の予測(Predictions)について議論する。世界市場については『IDC FutureScape: Worldwide Developer and DevOps 2019 Predictions(IDC #US43390318、2018年10月発行)』において議論されており、本プレゼンテーションでは、世界市場と国内市場のPredictionsの比較などに焦点を合わせて論じている。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現していくためにはクラウドネイティブアプリケーションの迅速な開発とリリースが必須である。そのため、企業はDevOpsを実践してアプリケーションに関する文化を変革し、さらにAI(Artificial Intelligence:人工知能)/機械学習やローコード/ノーコード開発ツールを活用してアプリケーションライフサイクルのさらなる効率化と自動化を図り、競争力のあるアプリケーションをいかに速く多く市場に投入していくかに取り組んでいくことになる。さらに、新種の開発者の登場が、アプリケーション開発とDXを加速させていく。

国内企業は依然としてウォーターフォール型開発が主流であり、アジャイル開発やDevOpsの採用は遅れている。しかし、今後DXの加速がクラウドネイティブアプリケーションの必要性を高め、アプリケーションライフサイクルに新たなアプローチや技術を取り入れる動きが活発になるとみている。IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである入谷 光浩は、「アジャイル/DevOpsアプローチの採用と共に、ローコード/ノーコードやAIなど新たな開発ツールや関連技術の導入、コンテナやサーバーレスなどのクラウドネイティブアプリケーションプラットフォームへの移行を行い、アプリケーションライフサイクルの高速化と自動化を実現することがDX時代におけるビジネス競争力の源泉になる」と、述べている。


Coverage

Content
  • 40 slides


Related Links