By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Nov 2018 - Market Forecast - Doc # JPJ43372218

国内IoTセキュリティ製品市場予測、2018年~2022年

By: Tsuneo TosakaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内IoTセキュリティ製品市場を分析し、2018年~2022年の予測を行っている。現在に至るまでに、ITシステムでの大規模なウイルス感染や個人情報の流出、DDoS(Distributed Denial of Service)攻撃によるサービス停止といった数多くの事件が発生したことで、企業でのITセキュリティに対する危機感は高い。一方で、OTに対しては、ITシステムで発生しているセキュリティ被害の数に比べて少なく、OTに対するセキュリティリスクの危機感は低い。そのため、OTへのセキュリティ対策はITに比べ遅れており、セキュリティ製品の導入が進んでいない。しかし、ここ1~2年でIoTデバイスでのセキュリティ被害が顕在化しており、OTでのセキュリティ被害も顕在化してくるとみている。「セキュリティ製品サプライヤーは、ユーザー企業にOTに対するセキュリティリスクを認識させ、OTへのセキュリティ製品の導入を促進させるべきであるとIDCは考える。そのためには、OT向けのセキュリティリスクアセスメントサービスの展開や、POC(Proof of Concept)の実施などによって、セキュリティリスクの認識度を向上させることが必要である」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us