By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH BUYER Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43384919

IDC FutureScape: Worldwide Telecommunications 2019 Predictions - Japan Implications

By: Yoko OnoResearch Manager, Communications, IDC Japan, Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本調査レポート(プレゼンテーション)で、IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、世界と国内のネットワークサービス市場において、2019年~2024年に発生するネットワークに関する主要な10項目の予測(Predictions)について議論する。このPredictionsでは、国内ネットワークサービス市場において起こりつつある変革について分析を行っている。

今年の「IDC FutureScape」では以下に挙げるトピックを中心に取り上げる。

  • 2020年までに国内企業の40%が、一部の拠点にセキュアかつ仮想化されたアーキテクチャを有するSD-WAN(Software Defined-Wide Area Network)を導入する。
  • 2020年までに国内企業の25%以上が、セキュアで仮想化されたエッジアーキテクチャを有し、クラウドで管理されるエッジITとネットワークサービスを搭載可能なvCPE(virtual Customer Premise Equipment) x86プラットフォームを導入する。
  • 2021年までに世界の60%の企業が、AI(Artifitial Intelligence:人工知能)によるネットワーク自動化に向けた取り組みを始める。
  • 2021年までに、国内企業の70%がマネージドセキュリティサービスを導入し、アナリティクス、AI/ML(Machine Learning)、自動化、オーケストレーションを活用し、セキュリティ脅威や攻撃に対する予測や対応を高度化する。
  • 2022年までに、国内におけるUC&C導入において、その60%以上は何らかの形でクラウドベースのUCaaS(Unified Communication as a Service)を取り入れる。

なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。


Coverage

Content
  • 36 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us