By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43385619

IDC FutureScape: Worldwide Future of Work 2019 Predictions - Japan Implications

By: Kazuko IchikawaGroup Manager, PC, Mobile & Client Solution, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションは、Future of Work(働き方の未来)市場における2019年~2024年の10項目の予測(Predictions)をまとめたものである。本調査レポートに先立って発行された『IDC FutureScape: Worldwide Future of Work 2019 Predictions(IDC #EMEA44255218、2018年10月発行)』の内容を基に、国内市場の状況を考慮して一部変更を加えた。なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。

Future of Work(働き方の未来)とは、ワークカルチャー、ワークスペース、ワークフォースの3つの領域で改革を進め、社内の仲間、パートナー、もしくはデジタルワーカーと協働することによってイノベーションを推進する企業の働き方の未来像である。「国内で注目されている働き方改革は、働き方の未来へ始動するための基盤作りである。働き方改革で足踏みすることなく、グローバルに通用する働き方の実現に向けて邁進すべきである」と、IDC JapanのPC、携帯端末&クライアントソリューションのグループマネージャーである市川 和子は述べている。


Coverage

Content
  • 30 slides


Related Links