By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH BUYER Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ43386319

IDC FutureScape: Worldwide Connected Vehicle 2019 Predictions - Japan Implications

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本調査レポート(プレゼンテーション)は、コネクテッドビークル(Connected Vehicle)市場における2019年~2024年の10項目の予測(Predictions)をまとめたものである。米国において発行された『IDC FutureScape: Worldwide Connected Vehicle 2019 Predictions(IDC #US44390818、2018年10月発行)』の内容を基に、国内市場の状況を考慮して一部変更を加えた。なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。

さまざまなテクノロジーの進展が、現在、自動車産業に100年に1度と呼ばれる大変革を強いる環境が出現している。その自動車産業の今後の潮流を示す言葉として最近よく使われているのがCASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)である。本調査レポートにおいても、自動運転車に関連するPredictionを5つ、ライドシェアなどMaaS(Mobility as a Service)に関連するものを4つ扱っている。米国のUber TechnologiesやLyft、中国の滴滴出行などが海外市場で展開するタイプのライドシェアサービスは、現在国内では事実上禁じられている。海外では、ライドシェアは自動運転車が最も早期かつ大規模に活用される領域として見込まれており、そこで蓄積されるデータは自動運転技術の進化に大きく寄与すると考えられている。「国内市場でライドシェアサービスが規制されていることは、日系自動車メーカーで特に国内をメイン市場とする企業にとって、自動運転技術を磨く機会が制限されることを意味する。海外から大きく後れを取るが、今後国内においても、国家戦略/産業振興視点で規制緩和の議論が活発化する可能性がある」と、IDC Japan コミュニケーションズのリサーチマネージャーである敷田 康は述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version) , Japan Connected Vehicle Business Opportunities (Japanese Version with Key English Language Reports)


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Connected vehicle, Technology buyer


Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us