By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jul 2018 - Conference Proceeding: Tech Supplier - Doc # JPJ43967218

IDC Directions Japan 2018:クラウド2.0とDXプラットフォーム~ITサプライヤーは差別化要因を再定義せよ~

By: Satoshi MatsumotoResearch Director, IT Services, IDC Japan

Abstract

本Conference: Tech Supplierは、IDC Japan ITサービスのリサーチディレクターである松本 聡による講演の内容をプレゼンテーションスライドと音声ファイルによって提供するものである。

クラウドは、端的に言うと「IT as a Service」として、ITのデリバリーモデルを変革した。進化を始めたクラウド(クラウド2.0)は、インテリジェント機能を備えることによって、データ主導のビジネスを支援するDXプラットフォームの基盤となっている。また、クラウド2.0では、リソースの分散/ヘテロジニアス化が進むと同時に、アプリケーションアーキテクチャや開発方法論の変革を促進する。本講演では、クラウド2.0/DXプラットフォームを解説すると共に、ITサプライヤーの成長戦略を考察する。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us