By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Aug 2019 - Market Share - Doc # JPJ43996219

国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェア、2018年:アジャイル開発とサブスクリプションモデルの胎動

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内ネットワーク仮想化/自動化市場の主要構成要素であるネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場の2018年のベンダーシェアとベンダー動向を分析している。国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場は、コンピューティングの仮想化/自動化に強みを持つヴイエムウェアが市場をリードし、ネットワークインフラストラクチャのデファクトスタンダードであるシスコシステムズが続いている。またソリューション開発の面でも、ヴイエムウェアシスコシステムズは、マルチプラットフォーム化を推し進め、アジャイル開発やサブスクリプションモデルを採用するなど、市場の動きを牽引している。IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、「サブスクリプションモデルでネットワーク仮想化/自動化市場をリードしようとするベンダーには、ネットワーク分野におけるサブスクリプションモデルの有用性と活用方法の啓発活動が求められる。特に、サブスクリプションモデルの価値を十分に発揮する企業のネットワーク運用体制への転換を促すことが重要である。企業ネットワーク運用管理のトランスフォーメーションが、サブスクリプションモデルの受容には欠かせない」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us