By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jul 2019 - Market Share - Doc # JPJ44003019

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場シェア、2018年:働き方改革で急成長する新興ベンダー

By: Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場の2018年のベンダー売上額実績に基づく市場シェアの分析を提供している。IDCでは、国内UC&C市場を「IPテレフォニー市場」「コラボレーティブアプリケーション市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンターシステム市場」の4つの大分類ソリューションセグメントに分類して、市場を分析し予測を行っている。

2018年の国内UC&C市場は、クラウド販売を中心とするベンダーが好調であり、ハードウェア販売を中心とするベンダーが低調となる二極化が進んだ。「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場に参入するITサプライヤーは、今後の成長のために、中小企業向け働き方改革を軸にしたUCとコラボレーションのシナジー販売、AI/アフェクティブコンピューティングを活用したソリューション開発、および急成長する新興ベンダーに対応する戦略検討が必要である」と、IDC Japanのグループディレクターである眞鍋 敬は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us