By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Abstract

本調査レポートは、セキュリティ製品市場に関するIDCの分類法について詳細に説明したものである。ソフトウェアライセンス、仮想化、アプライアンス、およびサービスとしてのソフトウェアの4つの主要プラットフォームに渡るセキュリティ製品について定義している。これは2018年のIDCの予測および市場シェアのレポートの基盤となる。IDCの市場規模、予測、および企業モデルは、この分類法を使用して世界のIDCアナリストによって生成される。

「IDCのサイバーセキュリティ製品分類は、セキュリティ市場に包括的で詳細なフレームワークを提供し、ソフトウェア、ハードウェア、仮想化製品、およびSaaSの観点からIDCがセキュリティ製品を定義する方法を理解するための不可欠なリソースである」とIDCのWorldwide Security Products and ServicesグループのリサーチディレクターであるFrank Dicksonは述べている。

本調査レポートは、『IDC's Worldwide Cybersecurity Products Taxonomy, 2019(IDC #US44382318、2018年11月発行)』の日本語抄訳版である。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us