By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2019 - Market Share - Doc # JPJ44004818

国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策

By: Tsuneo TosakaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan, Kenichi AkamaResearch Manager

Abstract

本調査レポートは、国内情報セキュリティ製品市場をエンドポイントセキュリティとメッセージングセキュリティ、Webセキュリティ、ネットワークセキュリティを含む外部脅威対策製品市場と、アイデンティティ/デジタルトラストとセキュリティAIRO(Analytics, Intelligence, Response, Orchestration)を含む内部脅威対策製品市場に分類し、2018年のベンダーシェアを提供している。「セキュリティソリューションを提供するサプライヤーは、ユーザー企業に対して、リスクの特定から防御/検知/対応/復旧といったリスク管理プロセスに基づいたサイバーセキュリティソリューションを提供し、ユーザー企業でのリスク管理プロセスへの落とし込みを支援していくべきである。このためには、リスク管理プロセスに基づいた製品ポートフォリオの開発、リスクアセスメントやBCP(Business Continuity Plan)などのコンサルティングサービスの強化を行う必要がある」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである登坂 恒夫は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us