By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2019 - Market Forecast - Doc # JPJ44007819

国内ストレージソフトウェア市場予測、2019年~2023年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内ストレージソフトウェア市場を以下の5分野、1. データレプリケーション/保護ソフトウェア、2. アーカイビングソフトウェア、3. Software-Defined Storage コントロールソフトウェア、4. ストレージ/デバイス管理ソフトウェア、5. ストレージインフラストラクチャソフトウェアに分類し、2019年~2023年の国内市場での売上額を機能市場セグメント別に予測している。

「ストレージソフトウェアは、ITインフラ運用の自動化/自律化に向けて機械学習を取り入れるなど、中長期的には大幅な進化が期待される。また、SCM(Storage Class Memory)を含む階層管理、クラウドやエッジなど異なるロケーションにあるデータの同期や保護、コンテナ対応など、目の前にある機能強化ニーズにも応える必要があり、当分の間、開発競争が続く」とIDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us