TECH SUPPLIER Feb 2019 - Market Forecast - Doc # JPJ44108619

国内IT市場 年商規模別予測、2019年~2022年

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan, Naoko Iwamoto

Abstract

本調査レポートでは年商規模別におけるIT支出動向と予測を行う。年商規模は2017年度(会計年)の売上額規模から100億円未満、100億円~300億円未満、300億円~1,000億円未満、1,000億円以上の4区分とし、国内IT市場の2017年における実績値および2018年~2022年の市場規模予測を年商規模別、製品分野別、産業分野別に行っている。国内IT市場は、年商規模の違いによって投資傾向が異なり、年商規模の大きいセグメントにおいては予測期間を通して堅調に市場が拡大すると見込んでいる。「ITサプライヤーは、年商規模に応じて異なる営業アプローチを検討すべきである。年商規模が大きい企業セグメントに対しては、IT活用による業務効率化を超えた、企業の競争力を高めることにつながるIT戦略の提案が求められ、年商規模の小さい企業セグメントに対しては、人手不足や技術伝承といった喫緊の課題を迅速に解決するソリューションの提案が求められる」とIDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである市村 仁は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us