By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Jun 2019 - IDC Survey - Doc # JPJ44116219

2019年 国内企業のデータマネジメントの実態と課題: コンプライアンス/アーカイブ/データの最適配置

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

国内企業/組織は、デジタルデータの利活用が進む中で、データを長期間保存し、その運用の最適化と規制準拠を確実に実施しなくてはならない必要に迫られている。本調査レポートは、データのアーカイブ、コンプライアンス、データ最適配置の実態を調査し、潜在需要やアーリーアダプターを明確化することを目的にしている。クラウドサービスの利用が一般化する中で、クラウドがデータ運用に与える影響を分析すると共に、ユーザーの性質の違い(デジタル化への積極度合いやデータ分析に対する取り組み姿勢など)がアーカイブ、コンプライアンスの管理運用の現状にどのような影響を与えているかを明らかにするため、多面的な調査を実施している。上記の内容と共に、分析の視点として、従業員規模、産業分野以外にも、データ保有容量、保有データの増加率などでの分析も行った。


Coverage

Content
  • 47 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us