By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Oct 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ44156318

2018年 国内業務用IPネットワークカメラ市場の動向:DXが牽引する国内市場

By: Nobuyuki SakataResearch Manager, Imaging, Printing and Document Solutions, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、2017年の国内業務用IPネットワークカメラ市場を概観し、この市場に参入を志向している企業に対してとるべき施策を考察したものである。2017年における業務用IPネットワークカメラ市場では、既設のアナログカメラや解像度の低い業務用IPネットワークカメラから、解像度の高い業務用IPネットワークカメラへの置き換えが進んでいること、そして、新たな施設や場所、使い方に向けて新規の設置が増えていることから、前年に比べ大きな伸びを示した、とIDCはみている。

「国内業務用IPネットワークカメラ市場に対し、これから参入を考えている企業は、業務用IPネットワークカメラの販売に関するノウハウをあらかじめ習得して参入を目指すべきであり、個人情報保護への対応に気を付けつつも、AIを中心としたDX技術を外部から取り込み、監視、防犯だけではない業務用IPネットワークカメラの使い方を、顧客となる事業者に提供すべきである」とIDC Japan イメージング、プリンティング&ドキュメントソリューションのリサーチマネージャーである坂田 信之は述べている。


Coverage

Subscriptions Covered

Japan Hardcopy Industry Transformation and Page Volume Analysis (Japanese Version with Key English Language Reports) , Japan Hardcopy Industry Transformation and Page Volume Analysis (Japanese Version)


Companies Covered

JVC Kenwood Corporation, Sharp Corporation, Hitachi, Ltd., Konica Minolta Holdings, Inc., Mitsubishi Corporation, Sony Corporation, LG Corp., Axis AB, Canon Inc., Panasonic Corporation, Samsung, Robert Bosch GmbH, Toshiba Corporation, Hangzhou Hikvision Digital Technology Co.,Ltd., TOA CORPORATION, ZHEJIANG DAHUA TECHNOLOGY CO., LTD.


Regions Covered

Japan


Topics Covered

Cognitive/artificial intelligence, Multifunction peripherals, Networking and connectivity devices, Printers


Content


Related Links