By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

Dec 2018 - Market Perspective - Doc # JPJ44431218

2018年 世界サービス市場における国内ベンダーのポジショニング分析

By: Seiichiro YoshiiSenior Market Analyst, IT Services, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、米国IDCが2018年7月に発表した、2017年(暦年)の世界サービス市場における売上額トップ10ベンダーのランキングとそのシェア(米ドルベース)に基づき、同市場における上位ベンダーおよび国内主要サービスベンダーのポジショニングを分析し、国内サービスベンダーに対する提言を加えたものである。

多くの国内サービスベンダーでは、今なお国内市場への依存度の高い状況が続いている。「国内サービスベンダーはサービス拡充のため買収やパートナーシップも視野に入れる必要があるが、まず自社のサービスポートフォリオの現状と将来像を明確に可視化し、相手の選定においては広く世界中に目を向けるべきである。加えて、アジア太平洋地域(日本を除く)では市場動向や需要が国によって大きく異なることに留意すべきである」と、IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎は述べている。


Coverage

Content


Related Links