By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH BUYER Jan 2019 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ44471719

IDC FutureScape: Worldwide Social and Experiential 2019 Predictions – Japan Implications

By: Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションは、国内IT市場において、2019年~2024年に国内ソーシャルエクスペリエンスで起きると予測される主要な事象をITバイヤー向けに記載したものである。本プレゼンテーションの目的は、上記のような市場環境の変化を捉え、2019年以降に起きるとみられる10項目の事象を提示することで、ITバイヤーが時宣を得た対応策をとれるように支援することにある。

テクノロジーの利用とコミュニケーションの方法は変化しており、ソーシャルテクノロジーを活用して顧客、パートナー、従業員と関わり、顧客エクスペリエンス(CX)の向上に応えていくためのブランドの在り方も変化している。ソーシャルテクノロジーは企業のブランディングに重要なテクノロジーとなる。

現在、AR(Augmented Reality:拡張現実)、VR(Virtual Reality:仮想現実)、AI(Artificial Intelligence:人工知能)などの新たなテクノロジーがさまざまなソリューション上で展開されるようになり、顧客エクスペリエンスの最初の段階から結果の分析まで、多くの新しい側面に影響力を拡大し始めている。企業の視点から見ると、テクノロジー、プロセス、およびデータによって実現されるビジネスサービスとテクノロジー戦略を立案することで、より良いソーシャルエクスペリエンスを顧客に提供することができる。

「企業は、ソーシャルメディア、コラボレーション、特に顧客の期待の変化に合わせて、利用するテクノロジーに一定の変化を施す必要がある。より良いコラボレーションとコミュニケーションを実現するために、企業文化の変化と共に、テクノロジースタックと人員配置の見直し、サイロ化された組織を横断したデータ活用、ソーシャルテクノロジー人材/管理の見直しが必要となる」と、IDC Japanのグループディレクターである眞鍋 敬は述べている。


Coverage

Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us