TECH BUYER Jan 2020 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ44558220

IDC FutureScape: Worldwide Mobility and Telecommunications 2020 Predictions - Japan Implications

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan, Yoko OnoResearch Manager, Communications, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本調査レポート(プレゼンテーション)で、IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、世界と国内のネットワークサービスとモビリティ市場において、2020年~2025年に発生する主要な10項目の予測(Predictions)について議論する。このPredictionsでは、国内ネットワークサービスとモビリティ市場において起こりつつある変革について分析を行っている。

今年の「IDC FutureScape」では以下に挙げるトピックを中心に取り上げる。

  • 2025年までに、5Gサービスを提供する国内MNOの75%が、固定VPNの有力な代替案として、ネットワークスライシングを活用した企業WAN向け5Gコネクティビティを提供するようになる。
  • 2024年までに、国内の50%の企業は、固定、セルラー、LPWANおよびWi-Fiの4つすべてのネットワーク接続技術を活用するようになる。特にセルラーとLPWANの企業ネットワークでの受容性は大きく高まる。
  • 多様な企業のユースケースに機敏に対応するために、50%の国内通信事業者は、2024年までにネットワーク構築と運用にDevSecOpsモデルを取り入れ、その実現をサポートするチームとプロセスを構築する。
  • エッジコンピューティングおよび仮想化によって、2024年までに国内で提供する企業向けネットワークサービスの50%はクラウドホスト型の従量課金モデルにシフトする。QoSは向上し、新しいサービスの展開が加速する。
  • プライバシーに関する配慮がいっそう重要になるため、2023年までに国内マネージドセキュリティサービスプロバイダーの売上の35%は、セキュリティ機能をクラウドやネットワーク接続、IoTサービスなど他のサービスに統合することでもたらされるようになる。

なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。


Coverage

Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us