TECH SUPPLIER May 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ44560020

2020年 国内通信事業者におけるネットワーク仮想化利用動向分析:ベンダー動向から見るネットワーク仮想化/自動化

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内の通信事業者向けネットワーク仮想化/自動化ソリューションベンダーの国内市場戦略やソリューションポートフォリオ、さらにはベンダーから見た国内通信事業者向けネットワーク仮想化/自動化の現状と今後の展望を分析している。通信事業者ネットワークの仮想化/自動化は、一部機能のNFV化から5Gネットワークに代表されるクラウドネイティブやエンドツーエンドの仮想ネットワークに向けて大きく飛躍しようとしている。ネットワーク仮想化/自動化を、リソースやコストの効率化を図る手段から、通信事業者自らのビジネスのトランスフォーメーションに欠くことのできない基盤として捉えるようになっていることが背景にある。IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、「今後求められるエンドツーエンドで自動化した通信事業者のネットワーク構築においては、ネットワークのサービスレベルを保証するアシュアランス機能が肝である。知識ベースの充実やAIを活用した正確性向上に加えて、国内通信事業者の実態を加味したアシュアランス機能の拡充が、エンドツーエンドで自動化されたネットワークの実現性を高める。それは、通信事業者向けネットワーク仮想化/自動化ソリューションベンダーの優位性の確立にもつながる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us