TECH SUPPLIER Jan 2020 - Market Perspective - Doc # JPJ44560120

Japan Network Virtualization 2020 Top 10 Predictions

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、2019年までの国内ネットワーク仮想化/自動化市場の動向分析を基に、2020年の市場に影響を与える10項目についてIDCがまとめたものである。国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、SDN(Software-Defined Network)ブームを超克し新たな成長のステージに進んでいる。これからのITプラットフォームには不可欠な要素としてのネットワーク仮想化/自動化は、ネットワーク接続端末の爆発的増加への備えと、デジタルトランスフォーメーション(DX)に適応したネットワークを求める動きに呼応し成長を続けている。DXを進めるに当たって、ネットワークインフラストラクチャの整備が重要であると企業ユーザーに認識される中で、「DX実現に向けたネットワークの取り組みが、従業員向けのネットワーク環境の整備に留まらないようにユーザー企業は留意すべきである。ネットワーク仮想化/自動化を用いて、DXが求めるスピードや柔軟性を実現するネットワークの次世代化こそが、DXの成功を支える重要な要素であることをベンダーもユーザー企業も改めて認識すべきである」とIDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us