By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Aug 2019 - Market Forecast - Doc # JPJ44563419

国内IoTセキュリティ製品市場予測、2019年~2023年

By: Kenichi AkamaResearch Manager

Abstract

本調査レポートでは、国内IoTセキュリティ製品市場を分析し、2019年~2023年の予測を行っている。現在に至るまでに、ITシステムでのランサムウェアによる被害や個人情報の流出、IoTデバイスを踏み台とするDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃によるサービス停止といった数多くの事件が発生したことで、企業でのIT/IoTセキュリティに対する危機意識は高い。一方で、OT(Operational Technology)に対しては、IT/IoTシステムで発生しているセキュリティ被害の数に比べて少なく、OTに対するセキュリティリスクの危機感が低いため、OTへのセキュリティ対策はITに比べ遅れている。「IoTデバイスはセキュリティを考慮した設計/開発を原則とし、IoTサプライヤーはセキュリティ対策をユーザーと連携して実施することが効果的である。OTセキュリティに関しては、IT関係者とOT関係者が歩み寄り、相互理解を深め、OTに対するセキュリティリスクと対策の必要性を同じレベルで認識することが重要である。そのためにはIT分野とOT分野を共に理解する者がITとOTの橋渡しをすることで、OT分野のセキュリティ対策が促進される」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである赤間 健一は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us