TECH SUPPLIER Sep 2019 - Market Forecast - Doc # JPJ44563619

国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測、2019年~2023年

By: Kenichi AkamaResearch Manager

Abstract

本調査レポートは、国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場を標的型サイバー攻撃向け特化型脅威対策(STAP)製品市場とセキュリティ情報/イベント管理(SIEM)製品市場、脅威インテリジェンスセキュリティサービス(TISS)市場に分類し、2019年~2023年の市場規模の予測を提供している。ファイルレスマルウェア攻撃など高度なサイバー攻撃に対しては、侵入後のマルウェアの活動を迅速に検知し対処することが必要となる。サンドボックス技術やレピュテーション技術などの最新技術を活用した外部脅威対策製品で検出した脅威情報を脅威インテリジェンスによって共有することで、その後の攻撃への防御を可能にする。「セキュリティ製品やサービスを提供するサプライヤーは、高度化し累増する攻撃に対し、統合管理製品を中心とした脅威の可視化、セキュリティログの収集と相関分析、各セキュリティ機器と連携した自動化ソリューションを訴求すべきである。これらによって、限られた人材リソースにおいてもセキュリティ被害を最小限に抑え、サイバーレジリエンスを高めることができる」と、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティのリサーチマネージャーである赤間 健一は述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us