TECH SUPPLIER Jan 2020 - Market Forecast - Doc # JPJ44570920

国内ストレージソフトウェア市場予測アップデート、2019年~2023年

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、国内ストレージソフトウェア市場を以下の5分野、1. データレプリケーション/保護ソフトウェア、2. アーカイビングソフトウェア、3. Software-Defined Storage コントロールソフトウェア、4. ストレージ/デバイス管理ソフトウェア、5. ストレージインフラストラクチャソフトウェア、に分類し、2019年~2023年の国内市場での売上額を機能市場セグメント別に予測している。

「デジタルトランスフォーメーションが進む中で、企業や組織が管理するアプリケーションやデータはますます多様化し、拡大する。また、IoTの利用は、エッジ、コア、クラウドの連携ニーズを生むことになる。このような時代に、増え続けるデータを管理するストレージを労働集約的に人手で運用するのはリスク管理の観点からも好ましくなく、AI機能を含めてソフトウェアによる自動運用の実現に向かう時期を迎えている」と、IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのリサーチマネージャーである鈴木 康介は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us