TECH SUPPLIER Aug 2019 - Market Perspective - Doc # JPJ44572619

2019年 国内製造バリューチェーンにおけるDX動向分析

By: Ko ShikitaResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、DX Use Case Taxonomyに基づき、4つの製造事業者グループがデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて取り組むべき領域を考察する。また、国内企業を対象としたユーザー調査結果に基づき、組立製造に属する2つの事業者グループを中心としたDXへの取り組み状況/意向を分析する。IDCでは、製造事業者のバリューチェーンを、その課題や投資パターンから4つのグループに分類し、グループごとに企業がDXを実現する上でのガイダンスとなるDX Use Case Taxonomyを作成している。これらのTaxonomyは、ITユーザー企業のDXによる成長機会の探索を支援するだけでなく、ITサプライヤーが顧客企業のDXの取り組み領域の全体像を把握するためのフレームワークを提供する。

IDC Japan ITスペンディングのリサーチマネージャーである敷田 康は「組立製造事業者は、製品の顧客価値に占めるハードウェアの比重が小さくなるのに伴い、ビジネスモデルの考え方を根本的に見直す必要に迫られている。組立製造事業者の「製品ライフサイクル全体に渡る新たな収益機会の実現」というデジタルミッションの実現に寄与するソリューションに、ITサプライヤーにとっての大きな事業機会が存在する」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us