By using this site, you agree to the IDC Privacy Policy

TECH SUPPLIER Aug 2019 - Market Share - Doc # JPJ44582619

国内コラボレーティブワークスペース市場シェア、2018年:新興ベンダーの台頭

By: Takashi ManabeGroup Director, Software & Security / IT Spending, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内コラボレーティブワークスペース市場の2018年の実績と市場に参入するITサプライヤーの動向調査結果を提供している。2018年の同市場は、2019年4月に施行開始された働き方改革関連法に関連する、企業の従業員生産性向上に関連して「デジタル空間上の働く場所」を提供するためのアプリケーションとして成長した。

「国内コラボレーティブワークスペース市場は、労働人口減少対策、働き方改革対応、CX/EX向上の観点からITサプライヤーのビジネス機会がある。ITサプライヤーは、中堅中小企業のデジタルワークプレイス構築に向けたチャネル販売の加速、中堅中小企業が使いやすい価格/運用モデルの開発、クラウドサービス間の連携強化に取り組むべきである」と、IDC Japanのグループディレクターである眞鍋 敬は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us