TECH SUPPLIER Sep 2019 - Market Share - Doc # JPJ44583219

国内RPAソフトウェア市場シェア、2018年:働き方改革による需要増と外資系ベンダーの急成長

By: Nobuko IisakaResearch Manager, Software & Security, IDC Japan

Abstract

本調査レポートでは、IDCが定義するソフトウェア市場のうち、アプリケーション開発/デプロイメントの機能市場セグメントの一つであるRPAソフトウェア市場について2018年のベンダーシェアを分析している。同年は働き方改革をきっかけとするホワイトカラーの生産性向上目的のRPA利用が広がり同市場は急速に成長した。「ITサプライヤーが寡占状況である同市場において優位性を維持するには、継続的なBPRおよび、RPAと機械学習/AIを組み合わせた高度な利用を顧客に対して啓発すると共に、競合対策を踏まえて中小企業などのRPA未導入顧客への戦略的アプローチをとるべきである」と、IDC Japanのソフトウェア&セキュリティグループのリサーチマネージャーである飯坂 暢子は分析している。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us