TECH BUYER Jan 2020 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ44587520

IDC FutureScape: Worldwide SMB 2020 Predictions - Japan Implications

By: Hitoshi IchimuraResearch Manager, IT Spending, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションは、米国において発行された『IDC FutureScape: Worldwide SMB 2020 Predictions(IDC #US45587619、2019年10月発行)』の内容を基に、国内SMB(Small and Medium-sized Business:中堅中小企業、従業員数999人以下の企業)IT市場について、ユーザー企業/ITバイヤーが留意すべき、2020年~2025年の予測(Predictions)をまとめたものである。本プレゼンテーションでは、ITバイヤーに対する指針と新しいITソリューションの市場への影響度合いなどを提供している。各Predictionの項目では、ITへのインパクト、IDCの提言を提供している。

なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。

国内SMB IT市場においても、大都市圏、中堅企業を中心に第3のプラットフォーム/イノベーションアクセラレーターを活用した生産性向上、サービス向上の取り組みが増えている。さらに製造業、運輸業、流通業を中心に深刻な人材不足の課題解決のためにAI、IoTの活用が開始されている。今後、これらソリューションの導入によって生産性向上が進む一方で、SMBにおいても既存ビジネスの成長の限界となりつつあることから、収益拡大、新規ビジネスの創出を目的としてデジタルトランスフォーメーション(DX)を模索する企業の増加も見込まれる。「国内SMBにおいても、今後IT支出動向は変化し、第3のプラットフォーム/イノベーションアクセラレーターを活用して新たなビジネスモデル構築に向けての模索が始まるとみている。ITサプライヤーは、これらの市場の変化を見据えてユーザー企業への支援、およびITソリューションの提供を効率的に行う体制の見直しを行うべきである」と、IDC Japan ITスペンディンググループのリサーチマネージャーである市村 仁は述べている。


Coverage

Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us