TECH BUYER Jan 2020 - Tech Buyer Presentation - Doc # JPJ45136620

IDC FutureScape: Worldwide CIO Agenda 2020 Predictions - Japan Implications

By: Yukiharu YorifujiResearch Vice President, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

本プレゼンテーションは、2020年~2025年にCIO(Chief Information Officer)が対処すべき10項目の予測(Predictions)をまとめたものである。米国において発行された『IDC FutureScape: Worldwide CIO Agenda 2020 Predictions(IDC #US45578619、2019年10月発行)』の内容を基に、国内市場の状況を考慮して一部変更を加えた。なお、本プレゼンテーション内の数値は断りなく使用されている場合は世界市場の数値を示しており、国内市場の数値には国内市場であることを明記している。

デジタルトランスフォーメーション(DX)が多くの企業で本格化する中で、CIOは経営トップ、事業部門のリーダーなど社内のさまざまなプレイヤーと協業し、イノベーションを起こす役割が求められている。同時にこれまでの業務の中心であった企業の情報システムの業務も、最新の技術やツールを使って変革する必要がある。「CIOが最新の技術を理解しながら、社内外のさまざまなステークホルダーとコミュニケーションを行うことは、極めて大きなチャレンジである。しかし、このことは競争優位に立つために重要であり、それを実現するためにもこれまでの社内情報システムそのものの見直しと、IT部門の業務の見直しから着手すべきである。既存の情報システムの非効率や硬直性をそのままにしておいては、CIOがDXで必要な役割を果たすことはできない」と、IDC Japanのリサーチバイスプレジデントである寄藤 幸治は述べている。


Coverage

Content
  • 30 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us