TECH SUPPLIER Mar 2020 - Market Forecast - Doc # JPJ45137320

国内ネットワーク仮想化/自動化市場予測、2020年~2024年

By: Kenichi KusanoGroup Manager, Communications, IDC Japan

Abstract

本調査レポートは、国内ネットワーク仮想化/自動化市場とNFV市場に関する2020年~2024年の市場予測と今後の展望を提供する。国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、すでに安定した成長市場になっている。データセンターネットワーク仮想化/自動化は、データセンターネットワーク構築に有効な手段の一つと広く認知されており、大規模データセンター事業者だけでなく一般企業のオンプレミスデータセンターの導入も拡大している。現実的な課題解決と将来のネットワークの自動運転を見据えた仮想化/自動化へと舵を切った企業ネットワーク仮想化/自動化市場も、新たな方向性に向かって成長軌道に乗り始めている。市場の成長と共に、ベンダーは、新規顧客獲得にいっそう力を注ぐ一方で、既存顧客の維持にも努めなければならない段階にきている。IDC Japan コミュニケーションズのグループマネージャーである草野 賢一は、「データセンターネットワーク仮想化/自動化ベンダーは、既存顧客維持と新規ユーザー獲得のいずれに対しても、マルチクラウドネットワーク仮想化ソリューションを戦術の中心に据えるべきである。オンプレミスのような自由が利かないパブリッククラウド環境で、しかもネットワーク管理方法の異なる複数のサービスを利用する際には、統合的な管理手段としてのマルチクラウドネットワーク仮想化ソリューションの有用性は大いに訴求できる」と述べている。


Coverage

Content


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us