TECH SUPPLIER Mar 2020 - IDC Survey - Doc # JPJ45137920

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用実態と課題

By: Yasusuke SuzukiResearch Manager, Enterprise Infrastructure, IDC Japan

On-line Presentation

Abstract

国内企業は、システムの運用最適化を図るため、クラウドサービスを適材適所に活用するようになってきた。この変化は、データ運用に複雑性が加わることを意味している。本調査レポートは、データ管理が複雑化している実態を調査し、潜在需要やユーザー企業への効果的な訴求方法を明確化することを目的にしている。クラウドサービスの利用が一般化すること、クラウドとオンプレミスにシステムが分散することがデータ管理運用にどのような影響を与えているかを明らかにするため、新規テクノロジーの導入状況との相関を含めて多角的な調査を実施している。課題意識やソリューション導入意欲の高いユーザーセグメントを見つけるため、分析の視点(クロス集計の軸)として、従業員規模、産業分野以外にも、クラウドサービスの利用社数、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み歴などでの分析も行った。


Coverage

Content
  • 47 slides


Get More

When you purchase this document, the purchase price can be applied to the cost of an annual subscription, giving you access to more research for your investment.



Related Links

Do you have questions about this document
or available subscriptions?

Contact Us